「LAに住む」という特別な体験。ー ここ、SKY LOFTで。 https://skyloft-la.com Sat, 08 Jun 2019 04:52:05 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.3.8 日本から高校1年生が一人旅! https://skyloft-la.com/highschool/ Fri, 07 Jun 2019 08:44:21 +0000 http://space.la-pan.com/?p=621 この日宿泊のお友達は、日本から一人でやって来た高校1年生!
夏休みを利用してLA郊外の町サンタバーバラに3週間の短期留学中で、
学校の無い週末に、一人で電車に3時間乗って遊びに来てくれました。

留学のことや、大学の映画学部のことをなどを知りたいと連絡を頂いたのが今年の4月。
自分の好きなことに一生懸命で、メールでのやり取りもとてもしっかりしていて、
実際会えるのを楽しみにしていました!

ずっと見たかったというハリウッドサインも一緒に行ってきました。
ここが、車で行くことが出来て、サインが一番キレイに見えるポイント。
そしてハリウッドの街並み。

翌日は、留学先のサンタバーバラまで送るついでに、
サンタバーバラ近郊のデンマーク村「ソルバング」に行ってきました。
デンマークといえばデニッシュということで、デンマークカフェへ。

カリフォルニアとは思えないデンマーク村の様子。


学校のこと、留学のこと、映画のこと、
色々なお話ができてとても楽しい2日間でした!
どうもありがとう。

]]>
「ルート66をLAからシカゴまで!!」まずは情報集めにSKY LOFTへ https://skyloft-la.com/route66/ Mon, 26 Nov 2018 23:24:10 +0000 http://space.la-pan.com/?p=516 先日ご宿泊頂いたお二人。
「ルート66を旅するためにアメリカに来ました!
色々と情報を教えて頂きたくて、SKY LOFTに来ました!」とのこと。
待ってました!
もう、これこそSKY LOFTの理想的なご利用方法です!!

 

SKY LOFTのオーナー、私達、写真家のTAKとライターのいづみは、
アメリカ西部を知り尽くしたスペシャリスト!
All Aboutでのオフィシャルガイドをはじめ、
アメリカ関連の雑誌への執筆や情報提供、
自分たちの著書も執筆するぐらいこのエリアが大好き!


ルート66は、LAとシカゴを結ぶ全長3,755kmの道の名前。
アメリカの「マザーロード」とも呼ばれ、フリーウェイシステムが発達する以前は、
このルート66がアメリカの主要道路として栄えました。
今も尚この道沿いには、古き良き時代のアメリカの面影を残す町々が残り、
想像する「アメリカ!!」を強烈に感じることができます。


今回ご宿泊いただいたルート66の旅人お二人。
ご宿泊頂いている間に、ご一緒に、
まず、SKY LOFTにある色々なルート66関連の資料から行程を決めました。
ルート66の見どころ、ルート66からちょっと外れるけど絶対にこの機会に行ったほうが良いところ。
そんな見どころをご説明させていただきながら、地図で移動距離と走行時間を確認。
例えば、グランドキャニオンやモニュメントバレー、サンタフェなどは、
ちょっと寄り道になるけど、せっかくだから絶対に行ったほうが良い場所です。


そしてレンタカーを借りる時のコツ。
アメリカの長距離の車旅は、その走行距離、気温の差、悪路、動物の飛び出しなどで、
道中に車のトラブルにみまわれる可能性があります。
そういった場合にも対応が良いレンタカー会社を選ぶこと。
このルート66近辺にきちんと店舗があるレンタカー会社を選べば、
トラブルの際もすぐに車を交換して旅を続けることができます。
実際、3000キロを走れば、きっとどこかでオイルチェンジのランプが点滅するはずです。
そんな時も、店鋪ですぐに車を交換することができます。
それから、長距離移動に楽な車、荷物がトランクにきちんと隠れる車を選ぶことも大事です。


そして、
アメリカの田舎旅の強い味方「Walmart(ウォルマート)」に一緒に行って、
旅に必要な道具のアドバイス。
アメリカの長距離車旅に必要なものは、まず食料を保存するためのクーラーボックス。
ドリンクや水も、1本ずつ買うと高いですが、まとめて1箱あるいはガロンで買うとかなり安くなります。
他にもお薬を見たり、キャンプ用のガス缶や寝袋、紙皿やスプーン・フォークなどの食器類など。
アメリカの田舎の場合、そういったものが全部揃うのがウォルマートなのです。
最後は、今現在も行っているLINEでの「オンライン・リアルタイム・アドバイス」。
旅先でのちょっとした疑問・質問や行程の相談をLINEで受け取り、すぐにアドバイス!
こんなサポートがしたかったんです!
せっかくのアメリカ車旅、そしてルート66を1ヶ月もかけて旅するなんて、
人生における1大イベントです。
その旅にサポート係として関われることはとても嬉しいです。

ぜひ、この素晴らしい旅を最後まで無事に終えられることを願っております!

]]>
スカイロフトの敷地内!全米9大ボルダリングジムに選ばれた「Stronghold Climbing Gym」! https://skyloft-la.com/gym/ Fri, 26 Oct 2018 20:56:21 +0000 http://space.la-pan.com/?p=498 先日宿泊頂いたお客様は、ボルダリングが趣味とのこと。
「それなら、この敷地内に大きなボルダリングジムがありますよ」とお伝えすると、
「????」という表情。
確かに、そんなに大きなボルダリングジムがLAの真ん中にあるとは想像できませんよね。

 

SKY LOFTがあるアーティストコンプレックスThe Breweryの中に
The Stronghold Climbing Gym」があります。
ここは、全米9大ボルダリングジムにも選ばれるほど凄い施設!


掲載記事「9 Amazing Climbing Gyms in the US」によると、
ここはカリフォルニアではナンバーワンのボルダリングジムだそうです。
112年前の蒸気発電所の施設を改装し、今はボルダリング、スポーツジム、ヨガ教室などがあります。
ボルダリングウォールは本格的で、ハーネスを付けて14mまで登ることのできるウォールから、
5mぐらいの初心者用のウォールまで種類は様々。
初心者用のウォールは、初めての方でも気軽に楽しむことができます。
ウォールの下はフカフカのマットレスなので、ちょっとぐらいの高さからだったら落ちても安心。

 

1日利用するだけのDay Use Passはたったの$20。
それに、ハーネスやボルダリングシューズなどのレンタルが$6。
これだけで1日中遊べちゃいます。
朝6時〜夜23時までオープンしているので、
スカイロフト滞在中に、気軽に朝6時からボルダリングも可能です。
1Day Passにはヨガ教室の料金やフィットネス使用料も含まれています。
また別料金で、ボルダリング教室も開催。
こちらは、パートナーを組んで、ハーネスを使い高い壁にチャレンジする方法などを学ぶことができます。

 

 

仕事終わりの夕方や、週末などは地元の人で賑わうこのボルダリングジム。
その中で、一緒にチャレンジングな壁にトライしたり、
休憩スペースでおしゃべりしたり、
ヨガ教室に参加してみたり。
汗を流した後は、同じく敷地内のカフェバー「Barbara’s at the Brewery」で世界各地の生ビールを楽しむこともできます。

 

ただ泊まるだけじゃない。
LAのライフスタイルが体験できるSKY LOFT。
ぜひ遊びにいらして下さい。

]]>
オプショナルツアー「歩いて国境を渡ってメキシコに行こう!」 https://skyloft-la.com/mexico1/ Wed, 12 Sep 2018 23:19:36 +0000 http://space.la-pan.com/?p=452 スカイロフトのオプショナルツアーで、メキシコに行ってきました!
ロサンゼルスからメキシコの国境の街ティファナまでは車で3時間ほど。
アメリカ側の国境に車を停め、歩いて国境を渡ります。
国境が陸続きの国ならではのアクティビティですね。

「To Mexico」のサインに従って歩く。


ここからはもうメキシコ。
パスポートを忘れずに!!

メキシコに入国するといきなりこんな感じ。
アメリカとは全然違う雰囲気に圧倒されます。


ティファナの街でスーパーマーケットに立ち寄りました。
異国のスーパーは本当に発見の宝庫。
こちら食用サボテン。

焼きあがったパンが上から自動的に落ちてくるシステム。
そんなにパンの需要があるのでしょうか??


こちら、メキシコでは人気のデザート「トレス・レチェス」
3種のミルクと言う意味で、スポンジにひたひたに染み込んだ牛乳とコンデンスミルク。
そして生クリームのトッピングで3種。

そして本場のメキシカンランチ。
今回行ったお店はかなりのアタリ!
タコスやケサディーヤなど、どれも丁寧な味付け。

お店の方も、陽気に写真撮影に応じてくれました!

食後は、雑貨街を散策。
値段は付いていないので交渉です。

手作りの商品が多い印象。
物価の違いもあり、アメリカからトラックで買い付けに来ている人もいました。


夕方、アメリカの国境に向かいます。


ここで注意点!
メキシコからアメリカへの入国には、
長い入国審査の列に並ぶため、2時間ほどかかります。

無事、アメリカに入国できました。
写真のこちら側がアメリカ、建物を挟んで向こう側がメキシコ。


時間があれば近くのアウトレットへ!
手作りの商品が並べられていたメキシコと、アメリカのアウトレットのギャップが凄い。

メキシコとの国境を歩いて渡り、国境の街ティファナでの異文化体験。
アメリカ、メキシコ、そして日本。3カ国の違いを肌で感じ学ぶエィサイティングな体験です。

]]>
アメリカをビーガンフードトラックでまわっている家族 https://skyloft-la.com/vegan/ Tue, 07 Aug 2018 07:15:37 +0000 http://space.la-pan.com/?p=612 皆さんはフードトラックってご存知ですか?
トラックの後ろの部分がキッチンになっていて、
そこで調理をして料理をサーブする移動型ファストフード車両のこと。
特設イベント会場や、
ランチを食べる場所が少ないオフィス街、
沢山の人が働く工場の駐車場などにやってきて、
その場で作ったものをサーブしてくれます。

近年はこのフードトラックとSNSがリンクして、
人気のフードトラックがその日どこに登場するかが話題になるほど。

そんなフードトラックビジネスをしながら全米を移動している家族が、
この日宿泊のお友達。
ビーガン専用のフードトラックということで、
僕達も、メニューの1つを頂きました。
アメリカの南部のスパイスの効いた味付けは、絶品!
簡単にビーガンの食事が作れるインスタントフードも頂きました。

]]>
日本からバスケのチームがやってきた! https://skyloft-la.com/basket/ Tue, 07 Aug 2018 06:59:04 +0000 http://space.la-pan.com/?p=571 1年に数回、日本からLAにバスケの試合のためにやってくる
バスケットチーム「TEAM CORE」。

SKY LOFTをベースキャンプにして、
今回はLAでの試合とバスケのリーグ観戦が目的です。
僕も通訳として、チームに同行しました。

NIKEが主催のDrew Leagueの観戦。
圧倒的な近距離でバスケの試合を見ることができます。圧巻。

試合では、地元の人達との触れ合いも。

NBAチーム「LA Clippers」のヘッドオフィスも訪問しました。
LAの滞在を満喫して、チームは次の目的地シアトルへと旅立ちました。
また遊びに来てね!

]]>
雑誌「西海岸インテリアスタイル」が発売になりました。 https://skyloft-la.com/interiorstyle/ Mon, 07 Aug 2017 08:04:22 +0000 http://space.la-pan.com/?p=614
TAK&いづみが取材したムック「西海岸インテリアスタイル」が学研から発売になりました。https://goo.gl/C2EAdi
カリフォルニアハウスの特集で、
LA周辺のステキなところに暮らすステキな人々を取材してきました。
その中でも一番驚いたのが、
ベニスビーチに暮らすエレンさんのお家。
なんと庭にベッドがありました!
食事も庭。
1年を通してほとんど全く雨の降らない南カリフォルニアならではの驚きのライフスタイルです。

色々な個性がぎゅぎゅっと集まるLAは、
長くいればいるほど、段々と楽しくなってくる不思議な街。
ぜひ一度遊びに来てみて下さい!

]]>
中国人と台湾人のカップル https://skyloft-la.com/china/ Sat, 05 Aug 2017 06:40:27 +0000 http://space.la-pan.com/?p=568 今回宿泊のお友達は彼が中国出身、彼女が台湾出身のカップル。
彼女は日本に留学していたこともあり、日本人が大好きということでご連絡頂きました。

「ロサンゼルスの日本人のお家だー!!」というハイテンションの一方で、
彼は、なんだか恐る恐るお部屋に入ってきて一言。
「僕は中国人なんだけど、泊まってもいいの??」

「????」キョトンとする僕達。

話をきいてみると、彼は日本人とコミュニケーションをとるのは初めてとのこと。
色々なニュースを見て、日本人と中国人はとても仲が悪いと思い込み、
僕達にも嫌がられるんじゃないかと思ったそうです。

「悪く言うのは、本当のことを知らない人。
友達になるのに、国籍も宗教も関係ないでしょう。
まして同じアジア人なんだから、距離も文化も近いし。
僕たちは週に1回はチャイニーズを食べているよ。」
と説明すると、彼も大喜び。
そのまま話が盛り上がり、皆でチャイニーズレストランに行きました。
彼女も得意気に、
「だから、ジャパニーズは良い人たちだって言ったでしょ!」と。

翌朝、彼らは早朝5時のバスでラスベガスへ。
あまりにも朝早すぎて、バス乗り場までも大変だろうということで、
車で送っていってあげました。
別れ際、彼が、「ジャパニーズはすごく親切な人たちだって、帰って友達皆に伝えるよ!!」
と喜んでバスに乗り込んで行きました。

また1つ日中の新しい絆が生まれました。

]]>
エジプトから。 https://skyloft-la.com/egypt/ Sat, 05 Aug 2017 06:23:56 +0000 http://space.la-pan.com/?p=564

 

今回宿泊のお友達はエジプトから。
お土産にと、ツタンカーメンの写真集をいただきました。

この日は、エジプト文化と宗教についてずーっと、ずーっと、
おそらく5時間ぐらいお話ししました。
宗教の話となると、日本人の宗教観はとても特殊で、
なかなか説明しづらい、そして説明しても理解してもらえない部分が多々あります。
Japaneseは、
− 8 million godsを信じている。
− クリスマスもあるし、ハロウィーンは2012年以降急速に浸透してきた。
− クリスマスはケンタッキーフライドチキンを食べる。
などなど。

「色々な国の文化の良い部分をどんどん取り入れているんだよ。
日本人は良いものを取り入れて、さらに改良するのが得意なんだ。
TOYOTAみたいにね。」
と説明すると、どの国の人も妙に納得するのです。

]]>
え!うちにあるものでパスタの生麺ができちゃうの!? https://skyloft-la.com/pasta/ Wed, 02 Aug 2017 06:18:09 +0000 http://space.la-pan.com/?p=557 今回宿泊のお友達はイタリア・ミラノから。

ミラノの国税庁勤務だそうです。
料理が好きだけど、ミラノで住んでいる家はキッチンが無いんだそうです。
じゃぁうちのキッチンをぜひ使って!という話をすると大喜び。
翌日、僕達が仕事で出かけている時に彼から電話がかかってきて、
「今日は何時に帰る??お家にあるものでディナー作って待ってるからー」と。

家に帰ってみると、彼がニコニコ料理中です。
今パスタが出来上がったところというので見てみると、
なんとなんとパスタって、粉と玉子から作ってるーーーーー!!!
うちにあるものでパスタの生麺が出来るなんて知らなかったーーーーー!!!
麺棒はどうしたの?って、ワインのボトルを使ってるーーー!!!「イタリアでは普通だよ」って。

食べてみてまたびっくり、もちもちプリプリのパスタ!!
本場の人が作ると、こんなにも違うんですね。
ほんとびっくり。

]]>